JYP-072 サフィレット蜘蛛ブローチ

おそらくチェコスロバキア製の蜘蛛モチーフのブローチです。真鍮製の金属型に、蜘蛛の胴体部分を2種類のサフィレットを使っている面白さを感じるコレクタブルな品。どちらもミラーバックのある、大きな方はオーバル型のローズカット、小さな方はカボッションのフロスト加工(艶消し)のサフィレットを、それぞれ4つの爪で留め込んで個性を立たせています。胴体の枠から3本(本来は4本)の足が伸び、蜘蛛の姿らしい形に整えています。経年でメタルのメッキは剥離。ローズカットサフィレットの方は、傷や欠け等は見られませんが、裏に貼ってあるミラーバックに、経年によるスポット的な剥離が見られまが、輝きが高い為、あまり気にならないと思います。留め金は旧式のCタイプとなります。